隣人とコンタクト?コロナが産んだソーシャルメディア。NEXTDOORとは

東京 文化 Nextdoor 2020.05.19
感染や自然災害の状況で、隣人との関係はとても大事。隣人と情報をシェアすることで素早く感染者の導線把握することができる。
  • 登録者周辺の隣人同士だけでコミュニティ
    登録者周辺の隣人同士だけでコミュニティ
    Facebookが場所と関係なく、人と人を繋ぐとしたら、NEXTDOORは登録者の周辺隣人だけで会話が可能だ。
    名前、年齢、職業など簡単な個人情報や住所、メールアドレスを入力するだけで住んでるエリアのコミュニティーへ加入することができるらしい。
    実際に、アメリカの仲間に聞いてみたら、確かに使ってるとのこと。
    まだ日本に馴染みのないアプリだが、airb&bやuberだって「最初はできるはずがない」から始まったのではないか!
  • 世界で一番大きい隣人ネットワーク
    世界で一番大きい隣人ネットワーク
    近くで一緒に暮らしている隣人だからこそ共有・共感できることってあるよね?
    迷い犬の告知、安く売り出された商品のシェア、マスクの販売状況、新たな散歩コース、怪しい人の情報共有などなどエリアが狭まれてるからこそできることがこのNEXTDOORを使うメリットだと思う。

    https://global.nextdoor.com/
Comment
POST
  • これ、結構、ありですよね 2020.05.19 返信
    そうっすね。なおきさん 2020.05.19 返信
Related Article
  • PARTNERS