訪日外国人の売れ筋から再発見! 福岡の買い物アイテム

九州 買物 福岡旅行 2020.05.12
インバウンドシティといっても過言ではない「福岡」のマストバイアイテムを、訪日外国人の目線からピックアップしてみました。
  • 九州最大の都市であり、インバウンドの玄関口として多くの外国人旅行客を受入れている「福岡」エリア。

    空港からも港からも中心街が近いコンパクトな街中に、グルメ・観光・ショッピングなど日本旅行のコンテンツがぎっしり詰まっていて、長崎、佐賀、大分、熊本など九州地方全域へのアクセス利便性も高いターミナルシティでもあるので、訪日外国人にとっては願ったり叶ったりの大人気エリアです。

    そんな福岡で外国人たちがお土産に、旅の思い出に購入しているアイテムにはどんなものがあるのでしょう?
    地元のひとたちも思わず「こんなのあったなぁ~」とうなずいてしまうような、訪日外国人から学ぶ「福岡ショッピングの再発見」アイテムをチェックしてみました。

     


     
  • その① にわかせんべい
    その① にわかせんべい
    今や日本のみならず全世界が「映え」ることに夢中です。
    とにかく可愛くて、面白くて、良さげなものはスマホで撮って即座にSNSにアップするのが旅のルーチンと化している中、福岡ど最も万人受けする「映え菓子」と言ったら、この「東雲堂のにわかせんべい」ではないでしょうか。


     
  • ユニークな目の形をしたせんべいですが、実はこれ、博多地域の伝統芸能「博多にわか」のお面をモチーフに作られているそうです。外国人が顔に当ててセルフィーを撮ったりしているこの「にわかせんべい」は日本でも十分話題になりそうなアイテムですね。


     
  • その② 福岡の「だし」
    その② 福岡の「だし」
    日本食のベースとして、料理に深い味わいを醸し出す「だし(出汁)」ですが、お湯サッと入れるだけで本格的な日本の味を再現することができる魔法のスープの素として外国人がこぞって買っていく人気のアイテムです。
     
特に福岡のだしは、煮干し、あご、しいたけ、鰹節などがミックスされた商品があり、水炊きなどの鍋料理を体験した人が購入していくケースが多いそうです。


 
  • その③ 明太子とコラボ!
    その③ 明太子とコラボ!
    福岡、いや「博多」と言えば、豚骨ラーメンの次くらいに思い浮かべるのが「明太子」ではないでしょうか?
    日本人でこれが嫌いな人はいないと言っても大げさではないような気がする明太子ですが、海外の人にとっては、おいしいけど「生もの」なので中々持ち帰ることができないのが現実です。
     
本物には負けますが、そんな明太子にハマった旅行客のみなさんが喜んで購入していく人気アイテムが、マヨネーズやお菓子などの「明太子コラボ商品」です。

特に明太マヨネーズは人気が高く、スーパーで売っているものから専門店が作る本格的なものまでバリエーションも幅広くあるので、試食しながら選んでいる風景もよく見かけます。




 
  • 訪日外国人と共感する、福岡の再発見。
    訪日外国人と共感する、福岡の再発見。
    というわけで、インバウンド目線から福岡のショッピングアイテムをピックアップしてみましたが、いかがだったでしょうか?

    国籍を問わず、初めて九州を旅行する方にとって、福岡はとても心地よい街だという絶賛の声を聴くことが多いです。
    外国人旅行客の目に留まるものが必ずしも日本人に「ベタ」なもの、ありきたりのモノではないと思います。
    彼らのフレッシュな目線に共感してみることで、時には忘れていたものの良さを思い出させるきっかけになったりもするものですね。

     
Basic Info
Nameキャナルシティ博多
Tel092-282-2525
Websitecanalcity.co.jp
Comment
POST
  • 東雲堂のにわかせんべい 友達にお土産でもらったまま食べてなかったけど、この記事見てすぐ食べました笑 有名なんですね~知らなかった! 2020.05.13 返信
Related Article
  • PARTNERS